シワができる原因 | いつまでも美しい女性でいられる若返り法とは

いつまでも美しい女性でいられる若返り法とは

アンチエイジングの魅力と
美容に関する治療法

シワができる原因

ほうれい線のシワができる原因として最も多いのが、加齢です。
加齢により肌には様々な症状が現れます。ほうれい線のシワ以外にも、たるみ、しみ、くすみなどは、加齢によって現れやすい代表的な症状です。
こういった症状は、加齢により減少するヒアルロン酸やコラーゲンが原因と言われています。
10代や20代の場合は、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成が活発に行われていますが、30代以降になってくるとその働きが弱まります。
ヒアルロン酸やコラーゲンが生成がされることによって肌のハリや潤いを保つことができますが、生成されなくなると肌にほうれい線のシワやたるみが出てくるようになるのです。
こういった肌に紫外線があたってしまうと、ヒアルロン酸やコラーゲンをさらに破壊してしまい、メラニンを増殖させてしまいます。
メラニンが増殖することでほうれい線のシワやたるみ、しみなどを作ってしまうため、メラニンを増殖させないように日焼け止めクリームの使用はもちろん、毎日のスキンケアが重要です。
また、乾燥もほうれい線のシワやたるみを作りやすくしてしまうため、十分な保湿が必要です。
加齢により現れる症状は、1度現れると消すことが困難なため、そういった場合は美容外科を利用することですぐに改善することができます。
美容外科では、ほうれい線のシワやたるみ、しみなどを消すための最新の機材や薬品を豊富に取り扱っています。そのため、、有効的に改善することが可能なのです。